利用している

リンゴ

関節症の治療として医薬品にも用いられているのがグルコサミンです。
関節症は激しいスポーツによって起こる他に、加齢によって軟骨そのものが次第に擦り減っていくことでも発症します。
軟骨が擦り減ると関節のクッションが失われるため、関節部分が変形した状態で固定されてしまいます。
これが変形性膝関節症で、高齢者の多くが抱えている疾患です。
グルコサミンはその関節症の症状を緩和する働きがあるため、膝などの関節症の悩みを抱えている人には重宝されている成分です。
また美容や健康のためにもグルコサミンは積極的に摂取をして問題ありません。
前述のように関節症に効果があり、その予防に繋げることができる他、配合成分にヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分も含まれていることが多いため、肌の保水力を高めてくれる働きもあります。

ヒアルロン酸と聞けば多くの人が保湿成分としてすぐに思い浮かぶほど現在ではよく知られるようになっています。
このヒアルロン酸はその保湿力から美容成分にもよく使われていますが、元々人体の体内に多く存在しており、肌だけでなく軟骨や眼球なども大量のヒアルロン酸によって水分が保持されています。
このヒアルロン酸は膝の治療においても用いられており、関節内注射と呼ばれる変形性膝関節症の治療において関節の動きを滑らかにしたり、軟骨の再生成を助ける目的で注射をされます。
グルコサミンと同様に関節症の緩和が期待され、医療でも用いられている成分のため、サプリメントなどでも積極的に配合されています。
サプリメントなどからグルコサミンとヒアルロン酸、更に同じく関節症に効果のあるコンドロイチンとも一緒に摂取することで、より効果を高めることができます。